« フルスモーク考 | メイン | 納車待ち »

2004年11月15日

フロントプレスのかけ方 フットサル戦術-守備

フットサルでのPivoのプレッシングについて一言。
フロントプレス(フォアプレス、チェイシング)は、攻撃の起点の精度を落とすという重要な役割があります。
精度を落とす為には、ただ追いかけるのではなく、パスコースを切りながらプレッシャーをかけていく必要があります。切るべきパスコースは、Alaからの指示が無ければ下記戦術によって、縦or横をじわじわと切っていきます。

1-2-1型ディフェンス
Pivoがチェイシングを行い、横へのパスコースを切り、縦に出たボールをAlaが取りに行く。Pivoは相手側Fixoの動きに注意しながらAlaと連携してボールを取る。

2-2型ディフェンス(ゾーンでプレス)
相手がボックス型でパスを回す場合、Pivo一人でプレスをかける事は不可能なのでゾーンでプレスすることになる。Pivoは相手側Fixoから相手側Pivoへのポストプレーを切り、横へのパスは、逆サイドのPivo/Alaに任せ、縦パスがでた場合は、相手側Fixoの動きに注意しながらAla/Fixoとボールを連携して取る。


切っているコースにパスを出されるべきではありませんが、出された場合の対応(Alaとのポジションチェンジ等)については、ポジショニング次第なので、練習で身につけます。

勝手な妄想を終わります。

投稿者 akios : 2004年11月15日 00:48

コメント

コメントしてください




保存しますか?


ほっとけない 世界のまずしさ 自殺防止キャンペーン~オレンジバンドをつけよう!