« 2005年10月 | メイン | 2005年12月 »

2005年11月29日

フットサル大会結果 第4回コロナビギナーズカップ

日曜にフットサルの大会に出場しました。
第4回 コロナビギナーズカップ

総合結果12チーム中7位
予選リーグ、順位別リーグ通して、2勝1敗2分。
しかも自分は第一試合には遅刻して出場していないので、負けナシでの7位。
点を取らなきゃこういう事になるんだなぁと痛感。

しかも、順位別リーグで勝ち点、得失点が同位のチームとPK戦(3人づつ)となり、2番目のキッカーとして蹴りました。
人生初めてPKを外しました。
第二PKも1回ポストに当てたくらいで、サッカーを含めPKは決めて当たり前でした。
結果的に、3人蹴って1-1というビギナークラスとは思えない状況のまま、サドンデス二人目で2回目のチャンスを決めて辛勝。
キーパーに感謝感謝、そして反省あるのみです。

投稿者 akios : 23:11 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月27日

こんな時どうする?- WWJD -

# この記事は、キリスト教の教会に行っている自分の日記です。
# 教会に行ったことのない方は、いろんな教会のホームページをブラウズされることをお勧めします。

コメント
”あべこうじ”というお笑い芸人が、「こんな時どうする」というコミカルな処世術ネタを披露しています。
※そういえば最近見ないなぁ。
困難な状況を例に挙げて、おもしろい対処法で笑いをとる。
ただ困難な状況で、「あべちゃんならこんな時どうするかなぁ?」なんて考えることはないです。
「イエス様ならどうするかなぁ?」と考えるべきですね。

2005/11/27の説教
説教箇所:ルカ22:49-53「暗闇が支配するとき」
説教要旨:イエス様は弟子が切り落とした大祭司のしもべマルコスの耳を癒された。
理由
1.耳がないという困難を案じられた。イエス様は自分がピンチの時にでも、
自分を捕らえようとしている相手の事を考えられた。

2.弟子達への配慮。傷害事件により世論の非難が弟子達に向かうのを事前に回避された。

暗闇=罪
光=イエス様
ピリピ2:15-16「...いのちの言葉を握って、世の光としてしっかり輝き...」
自分一人の光は小さい。その光を世に掲げることを求められている。
この小さな光を掲げるためには、イエス様ならどうするか(What Would Jesus Do)を考えて行動すべき。

投稿者 akios : 23:48 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月20日

人の心の脆弱性 ~心のセキュリティホール~

# この記事は、キリスト教の教会に行っている自分の日記です。
# 教会に行ったことのない方は、いろんな教会のホームページをブラウズされることをお勧めします。

コメント
「ここだけは譲れない」というものが誰にでもあると思います。
それが誰かへの愛情であったり信仰であったり、物質的な執着であったり。
ただ、人のそのような意志は、様々な要因であっさり崩れてしまうものなんですね。

2005/11/20の説教
説教箇所:ルカ22:47-48「罪によるねじれ」
説教要旨:イエス様を捕らえに来たユダと兵士と群衆に対して、弟子10人では多勢に無勢だったけれど、
弟子達はイエス様が人知を超えた対応を取ると思っていたから立ち向かった。
イエス様は裏切りによって捕らえられる事を預言していたのに弟子達が立ち向かおうとしたのはサタンの働きに因るのではないか。
※群衆も裏切り者である。為政者へ反抗することが恐かった。
イエス様への恐れは、群衆にもユダにもあった。

ユダの裏切りの理由
1.弟子の会計係をしていたが、着服によってお金が必要だった。
2.社会革命思想を持っていた。イエス様に対して革命を期待していたが、叶わなかった。

私達は信念を曲げてでも利益を優先しようとしてしまう。

投稿者 akios : 23:32 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月13日

お祈りについて

# この記事は、キリスト教の教会に行っている自分の日記です。
# 教会に行ったことのない方は、いろんな教会のホームページをブラウズされることをお勧めします。

コメント
情報化社会によって、祈りの課題も国際化・大容量化・リアルタイム化されています。
その情報から選りすぐった祈りの課題を全て祈ったときには
達成感を感じてしまうのかも知れません。※そんな長時間祈ったこと無いっす。orz
身近な人の生死に直面したとき、ひたすらに一つの事に祈りを捧げます。
祈り終わっても、達成感ではなくて、神様に頼る気持ちが残ります。
常にあのひたすらさを持って祈るべきなんですね。


2005/11/13の説教
説教箇所:ルカ22:41-46「祈り-罪人を救うため」
説教要旨:
祈りの姿勢
 当時の祈りの姿勢は立って両手を天に向けた。イエス様がこのときひれ伏して祈られたのは重荷の大きさを表しているのでは。
祈りの姿勢はいろいろあるが、大切なのは外面ではなく内面的なもの。
祈りの内容
イエス様の祈りは短く簡潔だったけれど、1時間かかっている。
現代の祈りは、祈りの課題の羅列になって祈り終えた時に「責任を果たした」という達成感が残ってしまい、心が伴わない。
祈りは儀式ではなく神様との交流である。これにより心の平安が得られる。
十字架にかかる為に地上に来られたイエス様はこの怒りの杯が避けられない事は一番分かっていた。
それなのに、「とりのけて下さい」と祈ったのは、死や痛み、罪の重さが嫌だったのではない。
罪のある人が赦されて、罪のないイエス様が十字架につくという不条理が耐えられなかったのではないか。
その死よりも耐えられない事柄についても、「御心の通りに」と仰った。

投稿者 akios : 23:37 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月 6日

誘惑への対処方法

# この記事は、キリスト教の教会に行っている自分の日記です。
# 教会に行ったことのない方は、いろんな教会のホームページをブラウズされることをお勧めします。

コメント
食前の祈りってどうも短くなってしまう。
っていうか、大抵一言(5秒フラット)。
食べ物を目の前にして、時には一口目を箸に乗せた状態で、食欲という誘惑に負けてしまってます。
飽食の日本では、1日3食は当たり前となって、食事を与えられた喜びが感じにくいというのは、
へりくつではなくて、言い訳じゃなくて、誘惑なんですね。

2005/11/6の説教
説教箇所:ルカ22:39-40「祈り-誘惑に陥らないため」
説教要旨:
聖書には誘惑に関する記述が多い。
誘惑とは、神様の御心から外れるようにするサタンによる誘い。
「いつものように...」:イエス様が祈りを大切にされたように、私達も日常的な祈りを大切にすべき。
「誘惑に陥らないように」:陥らないような祈りを捧げるべき。
祈りの中でも誘惑がある。1.思ってもいないこと。2.口先だけの常套句、定型句。3.考え事を始める。
心からの祈りを捧げ、その応答を耳を澄まして聞くべきである。

投稿者 akios : 23:23 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月 5日

Windows2000 Administrator パスワード忘れ

Windows2000 Administratorのパスワードを忘れた場合の対応方法。

[ ファイルシステムがFATの場合 ]
Windows98の起動ディスクからDOSを起動。
ERASE C:\WINNT\system32\config\samと入力。
※windirのディレクトリ名を変更している場合はWINNTと置き換える。
Windowsを通常起動してAdministrator/パスワードなしでログイン。

[ ファイルシステムがNTFSの場合 ]ハードディスクをWindows2000以降のクライアントのスレイブに挿す。
\WINNT\system32\config\samを削除。
※windirのディレクトリ名を変更している場合はWINNTと置き換える。
ハードディスクを元に戻し、Windowsを通常起動してAdministrator/パスワードなしでログイン。

[参考]
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1730258
http://home.eunet.no/~pnordahl/ntpasswd/
http://www.atmarkit.co.jp/bbs/phpBB/viewtopic.php?topic=19218&forum=11

投稿者 akios : 17:49 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月 4日

文献検索&閲覧サービス 「Google Print」

Googleが文献検索&閲覧サービス「Google Print」のBeta版が公開されました。
従来の検索エンジンではタイトル、著者などの情報がないと分からなかったのに、
Google Print は本文中の単語を検索出来ます。

一時話題になったモーニング狼。の方による盗用なども、フレーズを入力することで探せますね。
論文盗用などしている先生などは冷や汗ものですね。

Google、著作権消滅書籍の全文検索スタート
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0511/04/news006.html

検索対象は著作権切れのみとのことですが、実際はログインすれば著作権が切れていない文献も参照出来ます。

投稿者 akios : 12:54 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月 1日

東証のシステムダウン

東証のシステムダウンに一言。

100%出資の子会社はTQCで「100%を超える満足獲得」と謳っていますが、月が変わったくらいでダウンしてしまうシステムはいかがなものかと。しかも24時間中稼働率25%でいいのに、それすら守れないなんて。大発会で何がおきるか楽しみです。
株式会社 東証システムサービス
http://www.tssx.co.jp/qc.html

東京証券取引所システムの稼働率
本日の稼働率:41.66%
今月の稼働率:97.08%
今年度の稼働率:99.75%
※稼働要求は、6時間/日・240日/年で換算

このBlogの稼働率の方がいいかも。稼働率99.99%は5年前の業界標準ですよ。
とりあえず、東証システムサービスのISO9001:2000は取り消しておいて下さい。

実際は東京工業品取引所のように、下請けのNTT DATAがMさんやSさんに発注してるのかな。
原因が絞り込めている状況での復旧作業にしては時間がかかっているので、伝言ゲームでもしていたのかなぁと。
売買統計はしっかり出して下さい。

ニュースを見たらFさんとのこと。安かろう悪かろう。。。

教訓:システム変更後初回の各バッチ処理にはPGを伴って立ち会う。

投稿者 akios : 14:08 | コメント (0) | トラックバック

ほっとけない 世界のまずしさ 自殺防止キャンペーン~オレンジバンドをつけよう!