« 人の心の脆弱性 ~心のセキュリティホール~ | メイン | フットサル大会結果 第4回コロナビギナーズカップ »

2005年11月27日

こんな時どうする?- WWJD -

# この記事は、キリスト教の教会に行っている自分の日記です。
# 教会に行ったことのない方は、いろんな教会のホームページをブラウズされることをお勧めします。

コメント
”あべこうじ”というお笑い芸人が、「こんな時どうする」というコミカルな処世術ネタを披露しています。
※そういえば最近見ないなぁ。
困難な状況を例に挙げて、おもしろい対処法で笑いをとる。
ただ困難な状況で、「あべちゃんならこんな時どうするかなぁ?」なんて考えることはないです。
「イエス様ならどうするかなぁ?」と考えるべきですね。

2005/11/27の説教
説教箇所:ルカ22:49-53「暗闇が支配するとき」
説教要旨:イエス様は弟子が切り落とした大祭司のしもべマルコスの耳を癒された。
理由
1.耳がないという困難を案じられた。イエス様は自分がピンチの時にでも、
自分を捕らえようとしている相手の事を考えられた。

2.弟子達への配慮。傷害事件により世論の非難が弟子達に向かうのを事前に回避された。

暗闇=罪
光=イエス様
ピリピ2:15-16「...いのちの言葉を握って、世の光としてしっかり輝き...」
自分一人の光は小さい。その光を世に掲げることを求められている。
この小さな光を掲げるためには、イエス様ならどうするか(What Would Jesus Do)を考えて行動すべき。

投稿者 akios : 2005年11月27日 23:48

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hmki.com/b-log/app/mt-back.cgi/161

コメント

コメントしてください




保存しますか?


ほっとけない 世界のまずしさ 自殺防止キャンペーン~オレンジバンドをつけよう!