« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月26日

何のために生きるか

# この記事は、キリスト教の教会に行っている自分の日記です。
# 教会に行ったことのない方は、各地の教会のホームページを参照されることをお勧めします。

コメント:
紀元前の人々は、救世主が来るという預言を信じていました。
紀元後の私たちは、イエス様が降誕したという史実を信じる事ができます。どちらが難しいでしょうか。

2006-11-26の説教 ※秋の特伝聖書講演
第二コリント5:17
「私が新しくされる夢」
説教要旨:
ピリピ3:20 パウロの夢:再降
現代の私たちはどのようにパウロのような夢を抱くべきか。

一度実際に会っていると、再臨(再会)の約束を信じられる。
私たちは、既にこの世に来てくださったイエス様をよく知り、深く交わる事で再臨を信じられる。
イエス様との出会いの体験後、それまでの夢や目標はがらりと変わる。
ピリピ1:21 パウロの夢:地上の歩みを終えて天に上げられること。生きていても死んでもキリストと共にいる事。

私たちは、この世では主のために生きるべき。
自分の夢は何ですか。

投稿者 akios : 15:34 | コメント (0) | トラックバック

2006年11月19日

愛しなさいという命令

# この記事は、キリスト教の教会に行っている自分の日記です。
# 教会に行ったことのない方は、各地の教会のホームページを参照されることをお勧めします。

コメント:
人は自分に好意を持っている人のことを好きになる受動的な愛を持っています。
もちろん能動的に他者を愛する事ができれば良いのですが。

2006-11-19の説教
第一ヨハネ2:7-11
「新しい命令 - 愛すること -」
説教要旨:
愛には人を動かす力がある。
聖書は愛することを命令している。
ヨハネ13:34「互いに愛し合いなさい」
(旧約時代には律法を守らない人を裁いていた)
互いに愛し合う事がクリスチャンの使命。
愛は救いの証拠である。
私たちに植え付けられた愛(「神の種」第一ヨハネ3:9)
貢献と献身:日々の貢献ではどうにもならないとき献身が必要である。
与えられた愛が実るためには祈りが必要である。
愛されることを待つのではなく、愛しなさいと命じられている。

投稿者 akios : 15:33 | コメント (0) | トラックバック

2006年11月12日

クリスチャンのイメージ

# この記事は、キリスト教の教会に行っている自分の日記です。
# 教会に行ったことのない方は、各地の教会のホームページを参照されることをお勧めします。

コメント:
世の中のクリスチャンに対するイメージは、カトリックのシスターやミサが強すぎるのではないかと思います。
少なくとも自分は、映画に出てくるシスターとは逆の、薄汚れた人間です。
整列乗車で割り込みされるとめっちゃ腹立ちますが、その後、黙祷すると落ち着きます。
車で割り込み運転されるとめっちゃ腹立ちますが、その後、黙祷すると危険です。

2006-11-12の説教
創世記12:9:20
「信仰者の不信仰」
説教要旨:
アブラムは神様の命令に従い、約束の地に入ったが、飢饉だったので、エジプトに勝手に近づいた。
妻が美しかったので、自分の身を案じて妹と偽った。
偽る理由:族長だったので死んではまずい。ほんとに異母兄弟だった。

神様はアブラムの罪の為にパロの家に災害をもたらした。
罪を犯さないクリスチャンはいない。罪に気づくことが大切。

投稿者 akios : 15:33 | コメント (0) | トラックバック

2006年11月 5日

耐えられない試練

# この記事は、キリスト教の教会に行っている自分の日記です。
# 教会に行ったことのない方は、各地の教会のホームページを参照されることをお勧めします。

2006-11-05の説教
創世記12:4-8
「主の約束への応答」
説教要旨:
アブラムにとってハラン(父の家)を出て、カナン(私の示す地)に行くことは、
それほど大きな事ではなかった。主に信頼していたから。
「神様は困難な試練を与えられる」と人は考える。しかし神様は私たちが耐えられないような試練を負わせる事はない。
私たちの日々が神に受け入れられている。

12:7アブラムの子孫にカナンの地を与える。
主がアブラムにカナンの地を与えられたのは、主の御言葉を世に伝えて讃美する為。
神様が私たちに与えられる不都合は、私たちが神に信頼する心を持つため。

アブラムの応答
異教の地で祭壇を築いて祈りを捧げた。
私たちの応答
礼拝すること。

投稿者 akios : 15:32 | コメント (0) | トラックバック

ほっとけない 世界のまずしさ 自殺防止キャンペーン~オレンジバンドをつけよう!