« 一方的で超有利な契約 | メイン | Office2007 ファイル互換性問題 »

2007年1月28日

誤った解釈

# この記事は、キリスト教の教会に行っている自分の日記です。
# 教会に行ったことのない方は、各地の教会のホームページを参照されることをお勧めします。

コメント:
世界で一番読まれ、人生の規範とする人の多い聖書ですが、
読んでいる自分が、作り手に相談無く、世間と合わせた勝手な解釈をしないように気をつけないとですね。

2007-01-28の説教
創世記16:1-4
「目的も、手段も」

説教要旨:
ハドソンテーラー氏のミッション実践手法:
「神のご計画(目的)を聞き、目的を果たすために身を捧げる」
 ※自分主体ではなく、神に頼る。

サライがアブラムにハガルと子供を作るように提案したのは、
アブラム一族に対するサライの決意と責任感によるのだろう。

15:5「あなたの子孫」
アブラムは、サライとの間の子供と捉えたが、サライの提案によって、ハガルの子供でも
”あなたの子孫”に当てはまると神様の言葉に別の解釈をしてしまった。
サライの提案は神様の言葉を利用した神様に対する挑戦である。
神様の計画を知り、それに従うべきである。

投稿者 akios : 2007年1月28日 15:40

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hmki.com/b-log/app/mt-back.cgi/244

コメント

コメントしてください




保存しますか?


ほっとけない 世界のまずしさ 自殺防止キャンペーン~オレンジバンドをつけよう!