« Vista導入後、Thinkpadのリカバリが出来ない不具合 | メイン | DELL W2600 無償交換の案内 »

2007年2月 4日

人生の最高顧問

# この記事は、キリスト教の教会に行っている自分の日記です。
# 教会に行ったことのない方は、各地の教会のホームページを参照されることをお勧めします。

コメント:
結婚して相談する相手が嫁だけになると、ついつい二人で相談して物事を決めてしまいがちです。
常に神様に報告し相談して歩みを確かなものとしたいものです。

2007-02-04の説教
創世記16:5-16
「ご覧になる神」

説教要旨:
アブラムに神が約束された「地のちりのよう」な子孫は、80才前後となっても第一子すら与えられない状態だった。
サライ:人間的な考えで短絡的な行動を取ってしまった。
アブラム:サライの苦情に対して、「あなたの好きなようにしなさい」と自分の判断をしてしまった。
人間的な考えをするのではなく、神に相談をするべき。

「あなたの女主人のもとに返りなさい。」
主の元を離れた人に対して、主の元に帰るように仰っている。
神は常に私たちに語りかけていらっしゃる。
私たちは主に耳を傾けなければならない。

投稿者 akios : 2007年2月 4日 15:41

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hmki.com/b-log/app/mt-back.cgi/245

コメント

コメントしてください




保存しますか?


ほっとけない 世界のまずしさ 自殺防止キャンペーン~オレンジバンドをつけよう!